<< 恒例!お花見サイクリング | main | サボるでっり >>

スポンサーサイト

  • 2014.06.08 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


grunge R2ディレーラーガード

 同じ過ちは2度としない!!
 
 かなり凹んだ修善寺を猛省して対策を施した。・・・重量増だけど、レースを棒に振るよりマシさ。
 「gurange ディレーラーガード」
   Grunge RDガード

 通常のクイックハブシャフトのナット部分を交換して取り付け、リアディレーラーの取り付けボルト部分に別途補強用のボルトを当てる。
 落車した時などにリアディレーラーを守るだけでなく、衝撃をハブシャフトでも受けるので、かなりの強度アップ期待できる。・・・但し、保険のつもりなので、この場で強度試験をしてみるつもりは無い。
 ヘビーデューティー用に作られたMTB用の「セイント」に近い考え方だ。
 また、「エンドの強化だけでなくエンドのたわみも抑え、よりダイレクト感のあるシフティングが可能」とカタログには書いてある。感じられるかどうかは別にして・・・。
 正直、通勤車で取り扱いが荒く不用意にぶつけてしまう人にはお勧めかなぁ〜と思ってたけど、案外レース中にRDハンガーを痛めてしまうケースは多いようで・・・。特にMTBレースではRDハンガーを曲げてブチ切ってしまうケースも何度か目にしている。・・・実際修理依頼でも受けているし。フレーム本体を守るためなのか、リアディレーラーを守るためなのか、リプレーサブルリアエンドになって明らかに強度が落ちている(下げている)ようだ。
 レース機材としては余計な物のような気もするが、予防のためにつけておいた方がいいかもしれない。
 一応、保険としてお勧めします。

R2:通常クイックシャフト用
R3:10mmシャフト用
R12:12mmシャフト用       各1890円(税込み)

スポンサーサイト

  • 2014.06.08 Sunday
  • -
  • 09:02
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
ディレーラーガードに思わぬ落とし穴が・・・。
先日の川越水上公園のポイントレース、距離が短くインターバルが掛かるので、念入りにアップをしようと思って固定ローラーを持って行ったけど・・・。
右側が嵌らないジャン!交換した部品も持ってきてないし・・・。

仕方がないので先にレースの終わった人に3本ローラーを借りようと思ったけど、お知り合いのヤマネさんがクイックシャフトごと貸してくれた。
ありがとうございました。

  • あきら
  • 2007/04/10 9:26 AM
コメントする









calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM